レディ

ガクッと大幅に削減して節約を目指そう|激安引越しで料金がお得に

値段交渉はやるべき

ウーマン

業者には見にきてもらう

引越しは、一生のうちに一度は経験するのではないでしょうか。就職、結婚、転勤など起こる可能性のあるイベントは誰でもあります。近場であったり、荷物が少ないのであれば個人的に荷物の運搬をするでしょうが、ほとんどの方が、引越し業者にお願いするでしょう。今は、サイトにアクセスして日付けや荷物などの情報を入力すれば、どれぐらいの費用となるか算出してくれて、安い業者がどこかを比較できますのでお勧めします。ですが、このサイトで業者を見つけて連絡して終わりというのはよい方法とは言えません。お願いする引越し業者が見つかったら実際に見にきてもらい、その上で値段の交渉を行うのがよいです。なぜなら、値段はまだ安くなる余地がありますし、荷物や間取り、運搬経路などを確認していないと当日トラブルになる可能性が高いからです。

安くするポイント

引越し業者との交渉では安くなるポイントがあります。それは、可能な限り業者の都合に合わせるというものです。まず、引越し日ですが3月の就職や入学シーズン、8月や12月の子供が長期の休みのとき、土日や祝日という一般の休みは、そこを予定している人が多いので割高です。避ける方がよいです。そして、時間も朝一より昼からという方が、前の引越しで到着が遅れる可能性があるので安くしてくれます。あとは荷物の受け入れですが、これも同じように込み合う時を避けること、日付けを指定せず、引越し業者の都合がよいときに持ってきてもらうという方が安くなります。他には、荷物の運搬は他のお客と同じトラックで運んでも良いとしても安くなります。こういう内容は、値段交渉の際に業者側から提案してくれますので積極的に話をした方が得をします。